「ほっ」と。キャンペーン

ZhenShiの徒然日記 from Singapore

zhenshi.exblog.jp
ブログトップ

カンボジア旅行4

カンボジア旅行記つづき。。。

続いては遺跡は、タプロームとアンコールトム。Ta Prohm & Angkor Thom

タプロームの入り口
e0218625_1725560.jpg


タプロームと言えば、この恐ろしいほど成長している木の根。巨大なモンスターのよう。。。
e0218625_1726120.jpg

人がすっぽり入る。
e0218625_17263329.jpg


e0218625_17273728.jpg

e0218625_17301759.jpg


続いては、アンコールトム
e0218625_17212849.jpg


アンコールトムといえば、これでしょうか。。。
e0218625_17222656.jpg


e0218625_17215884.jpg


e0218625_17171828.jpg


e0218625_17165829.jpg


帰ろうとしたとき、僧侶の方達を見つけたので車の中から 急いで撮りました。
なんだか、好きな1枚です。
e0218625_1714574.jpg


e0218625_17144546.jpg


これは、ホテルにお願いしたプライベートツアーでしたが、この後、近くの山の中に素敵なピクニックを用意してくださっていました★ 
[PR]
# by yellowdahlia | 2015-07-21 17:39 | トリップ

カンボジア旅行3

カンボジア旅行記続き

カンボジア最大の世界遺産、アンコールワット。

この頃、私は一眼レフカメラを持っての旅が始まったばかりで、とにかく素敵な風景を撮りたくて撮りたくて。。。
それで、このアンコールワットを日の出とともに撮る事!が旅の一番の目的だったわけで。
その夢 見事、実現なり。
ところが、張り切ってカメラと重たい三脚まで(主人に持たせ)持ってきたというのに、
三脚を取り出してみて気づいてしまったのだが、それとカメラを固定するための部品がなかった!
それだけすっかりシンガポールの家に忘れてきてしまったのだ>< あちゃ〜!
三脚の意味なし! で、夫は激怒なり〜。。。

完全にキレてしまった夫。でも、申し訳ないけど、日の出は着々と始まり。。。私も気にしてる場合でないので、観光客の群れの中 場所取りにいき、両脇締めてしっかりカメラを固定!いざ!

e0218625_14485475.jpg

e0218625_14483791.jpg

カメラの腕はともかく、日が昇ってくると同時に空の色がどんどん変化し、アンコールワットのシルエットが目の前に広がる大きな池の水に反射して その様子がとっても綺麗でした。
この朝の景色は、早起き頑張って見に行く価値ありです!!^^

広いアンコールワット。詳しくはウィキペディアで調べていただくとして、一部 写真を紹介。。。

e0218625_1449495.jpg

e0218625_14513215.jpg

e0218625_14513911.jpg

e0218625_14521095.jpg

e0218625_14522070.jpg

e0218625_14532867.jpg


この階段は登れるのです。が、かなり急なので。。。高所恐怖症の私にはゾクゾク。。。><
e0218625_14542246.jpg

e0218625_14544060.jpg

1972年 カンボジア内戦のとき 多くの仏像の頭が撥ねられたそうです。心痛い。。。
e0218625_15191615.jpg

僧侶もみかけました。
e0218625_1520358.jpg

[PR]
# by yellowdahlia | 2015-07-21 15:27 | トリップ

カンボジア旅行2

カンボジア旅行記つづき。。。

シムリップの街の紹介。
カンボジア旅行が初めての私にとって、この旅はとても感慨深いものであった。
モダンで美しいホテルから一歩外に出ると、たちまち別世界。
バイクの騒音、排気ガス、そして砂ぼこり。。。
マスクをするか、ショールで顔を覆うかしなければならないほど。

彼らも、バイクを運転するときはマスクが必須のようだった。
e0218625_13423052.jpg


街中でも、こんな感じ。電線が低い位置で右往左往してる。
e0218625_13445685.jpg


観光客も多いこの通りでは、こんな感じの移動屋台のような物売りがたくさん。
観光客相手というより、これが人々の生活スタイルというふうに見えた。
e0218625_13451863.jpg


e0218625_13414362.jpg


小さな子供も物売りしている。
e0218625_13413067.jpg



これが市場。中は広い。
e0218625_1345188.jpg


魚屋。ここで買うには勇気がいるな。。。
e0218625_13443961.jpg


OMG...こ、これは。。。。チキンより立派な おみ足がまな板にーーー!!!!
ひょえーーー!!!!(でも、カンボジアのチキンおいしかったよ)
e0218625_13443335.jpg


フルーツおいしそう。
e0218625_1344649.jpg


スパイスがたくさん。私もお土産に購入。
e0218625_13433084.jpg


野菜屋の雰囲気。
e0218625_1343229.jpg


ここからお土産屋さんが広がる。ただ、なかなか普通に見て回るのが難しい。
ちょっと立ち止まって見ようものなら、ものすごく粘り強く”買ってくれ!”とせがまれる。。。
e0218625_13431236.jpg


カンボジアのビールで休憩。
。。。していると、必ず、何人もの人(主に子供)が無言で近寄ってきては物乞いする。
かわいそうになってしまうのだけど、ここでは 一銭もあげるべきではない。
先日、テレビであっていた。これにはトリックがあるケースが多く、多くの観光客の同情心をいいことに わざと子供を使ってお金や物を騙しとっている事が よくあるそう。
e0218625_13411894.jpg



決して裕福とはいえない人々の暮らしぶり。
世界には こういう生活をせざるを得ない人たちがたくさんいるということ。
そのことは心に留めておかなければ。。。と思った。
[PR]
# by yellowdahlia | 2015-07-21 14:43 | トリップ

カンボジア旅行

4~9 Nov. 2011 Cambodia 旅行より

4年前の旅行記録を今更なんで。。。すみません^^:
なつかしのカンボジア旅行。

そういえば、カンボジア旅行はVISAを取得しなければいけないことを、旅行前ギリギリに知り、
焦って作ったのを思い出す。VISAがいるなど滅多にないので、ついつい うっかり忘れてしまう。

泊まったホテルは カンボジア シムリップにある " Hotel De La Paix " -Siem Reap-
たくさんのバイク、車、整備されていない道路で排気ガス、砂ぼこりのすごいシムリップ。
シムリップのショッピング街にも徒歩でアクセスでき 空港からもわりと近い便利な場所にあった
このホテル。結構モダンな作りになっており、清潔感あって サービスもよかった。
食事もおいしかった。では写真で ご紹介。

エントランスでお出迎えしてくれるのは こちら。蓮の花がいたるところに。
e0218625_123815100.jpg


冷たくて爽やかなレモングラスのウエルカムティー。
e0218625_12213312.jpg


受付ロビー
e0218625_12384134.jpg


エントランス ロビー/ラウンジ
e0218625_12382581.jpg


お部屋の雰囲気
e0218625_1240113.jpg


部屋にあったデコレーション。ジャスミンの花がひとつひとつ入るようになっててユニーク。
e0218625_12394541.jpg


ベッドにおいてある とっても綺麗な蓮の花。こんなに綺麗なのは初めて見た。
e0218625_12391998.jpg


部屋の外の風景。シムリップの街が見える。
e0218625_12342514.jpg


素敵なホテルの横でこの風景。よく見ると。。。現実は。。。
e0218625_12341320.jpg


ホテルの中庭にあるプール。シムリップ、とにかく 蒸し蒸し暑いので クールダウンに。。。
e0218625_12343884.jpg


ホテル ダイニング横の雰囲気。
e0218625_12352731.jpg


アジアンモダンなデコ 大好きです。
e0218625_12345537.jpg


新婚旅行。。。ということにしてしまいました。^^;;
そしたら、こんな素敵なブーケのプレゼント♥
e0218625_1234140.jpg



HOTEL DE LA PAIX

tel: 855(0)63 966 000
Sivutha Boulevard, Siem Reap,
Kingdom of Cambodia
[PR]
# by yellowdahlia | 2015-07-21 13:05 | トリップ

セブ旅行 Island hopping

さてさて、今回のセブ旅行のメインアクティビティはアイランドホッピング!
ホテルまでボートが朝の10時に迎えに来てくれ"Pandanon Island"というところへ
連れて行ってくれる。
予約はホテルにしたので、ホテルの手配になり、ボートにはホテルからのスタッフが
着いてきてくれ、何かとお世話をしてくれるので有り難い。
e0218625_0151089.jpg

こんなボートで約45分くらいキラキラの海の上を気持ちよくはしれるよ♪
e0218625_074954.jpg

うれしくて、うれしくてテンションアップ!

島に着いたら、、、もうそこは楽園♥♥♥
e0218625_064839.jpg

白い砂浜、遠浅のクリアな海。
”これよ、これーーーー!!” 私が期待していた通りのバスクリン色の海!
e0218625_08088.jpg

”最高!!”

e0218625_071548.jpg

波という波はないので、まるで温泉(スパ)に入っているような感覚♪
水も温かいの〜^^

e0218625_07815.jpg

有り難いのは、スタッフが荷物などきちんと見ておいてくれるので、
私たちは何の心配もなく思い切り遊べます!
そして、戻って来たら このテーブルセッティングでBBQの準備が。。。
e0218625_04483.jpg

一緒にボートで着いて来てくれた若いシェフが炭火でBBQを作ってくれました。
とってもおいしくて感激♥ とくにお魚最高!
e0218625_072546.jpg

食事をしていると 現れたのはギター弾きのおじさん。
何気に現れて、日本語で“コンニチワー”と片言で語りだしながら、いつのまにやら
演奏が始まる。真横で弾き歌いされるので、もちろん、にこやかに聞くしかないのだけど、
最終的には断るヒマもないままチップを請求されるわけである。笑
そうはいっても、小さなお金を持ってなかったので困ったなぁ〜と2人。^^;
こっそりホテルのスタッフに頼んで 結局、気持ちばかり渡しました。

頼んでもないけど、歌ってくれて、でも聞いたら最後、チップ請求される。
困る人は、断る手段を考えてね♪


"Pandanon Island"でゆっくり過ごしたあとは、"Hilutungan Island " に移動し、
スノーケリングを楽しむ。
ボートにはライセンスのあるローカルの方が一緒に来てくれていて、
一緒にスノーケルしてくれるので、何から何まで安心だ。
スノーケルセットはもちろんレンタル可。フィンもあり。で、さらに私のために
ホテルから浮き輪も用意してもらっていたので、それに捕まって、はぐれる事の
ないように安心して、スノーケルを楽しめた。

それにしても驚きの魚の数だった。魚のジャングル!
魚に餌やりをしたので、餌をやろうとすると、ものすごい数の魚に囲まれる。
手を噛まれたりもするので、ちょっと注意。(噛むといっても、かわいいものだけど)
嬉しかったのが、初めて、ニモちゃんを見れた事♥ かわいかった!^^


そして、、、スノーケリングも十分に楽しんでホテルに戻ったのが夕方5時前。
ホテルに到着すると、スタッフが冷たいおしぼりと、シャーベットアイスを
用意して迎えてくれた。”こういうの うれしいなぁ〜”^^

すべてに大満足のアイランドホッピングでした!
一緒に着いて来てくれ、お世話してくれたスタッフたちに大感謝!
[PR]
# by yellowdahlia | 2013-04-04 01:16 | トリップ