ZhenShiの徒然日記 from Singapore

zhenshi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3日目の悪夢。

前回の日記に続き...3連休最後の日曜日。
おそうじをして、部屋をすっきりと整理整頓する日〜★ と決めていたのだが,,,, イーストコーストパークから帰って来た夜、なんだか、悪寒がしだし、体の節々が痛いと感じ始めていたので怪しいとは思っていたが...朝、なかなか起きれず、起き上がろうとすると、体が重いし、頭が痛い。熱を測ってみたら、38、5度 !! わ!! びっくり!だって、シンガポールに来て4年目になるけど、熱出たの初めて〜! 

あら〜 これは やっぱり、昨日の海辺のお昼寝、がきいちゃったのかしら??
いや、その前のショッピングで一日中、冷房の中に居たから体が冷えきったんだわ!さらに、キンキンに冷えた映画館にも行っちゃったしな〜!!などなど、自分の行動の何が原因だったのか思いを巡らせつつ.... 

それでも、熱に強い私は普通に歩き回り、重い物も平気で抱え、夫に朝食の用意もした。で、自分も食べた!!(ここがすごいでしょ。食欲あるのよね。)でも、実際には 暑さと寒さが両方あり、やっぱり尋常でない感じなので、夫がいるうちに、と思い、近くのクリニックまで連れて行ってもらった。しかも、徒歩。(晴天の中)  
クリニックでは軽く40分は待たされ、室内は冷房で寒さがこたえたので、暑いけど、外で耐えて待った。とりあえず、喉からきた風邪らしい。薬がもらえたのでよかった。ポカリスエットがこっちのセブンイレブンにもちゃんと売ってあったので、それを買って帰る。

結局、このあと、熱がいったん下がりかけるが、夜中にまた発熱し、翌日も高熱は続く。 「私って熱に強いの〜!!」と夫に自慢げに話していた私も、やっぱり、だんだんヘトヘトになり、夫が日曜の夜は夕食を作ってくれる事になった。夫の得意料理のひとつ、肉骨茶(バクテイ)。
でも、さすがに肉は、あまり食べれないので、にんじんとじゃがいもを入れてほしい、とリクエストした。(彼にとっては、野菜を一緒に入れるのは邪道なの。)

夕方、 再び、悪寒に襲われ、ベッドの中で寒さにもがき苦しんでいる間、夫が、肉骨茶のスープの素を買いに走り、もどって、食事の用意にとりかかっていたようだ。  8時過ぎ、寝ている私に、「遅くなってごめんね、今できたよ〜」 と夫。
e0218625_1932137.jpg

にんじんも、じゃがいももすご〜く柔らかくなってて、スープは肉骨茶独特のピリリときいたスパイシーな味わい。私はこれにネギをかけて!ごはんを入れて、ほとんど雑炊のようにして食べた。すごく おいしい★

肉骨茶は元気が出るスープ!!このスープには薬膳も入っているから!!
ガーリックもいっぱいだからエネルギーがでます!なんといっても、
体が温まるので、寒さでブルブルしていた私には、すごくよかった!!

夫が、一生懸命、料理した事を思うと、涙が出そうにうれしかった。
今日は私はいっさい、夫の助っ人をしていないから、きっと、すべてが
一生懸命だったはず!

せめて、食べた食器は自分で洗おうと思って、洗っていたら、夫も自分
のものを横からもってきて、「これも洗ってくれる?ごめんね」 って。
^^;
疲れきったのでしょう。
「はいはい、洗いますよ。」と、料理してもらったことに感謝して、
後片付けを行った私。

でも、翌日、朝起きると、夫が、フルーツをきれいにカットして
器にいれ、お皿とフォークを(私がいつもするように)用意してくれていた。
前日に洗って伏せていた食器たちも、綺麗に片してあった。

普段、喧嘩も激しい夫婦だけど、こうやって、私がほんとにダウンしたとき、自分がきつくても、一生懸命頑張ってくれる夫に、心から感謝。

早く元気になって、また、 おいしいもの作ってあげれるように頑張ろう!と思った私なのだった。
[PR]
by yellowdahlia | 2012-04-10 19:24 | ライフ

週末旅行、レダン島 最終日。

e0218625_22355392.jpg

スノーケリングを終えた午後は、ホテルのビーチに戻ってゆっくり♪ 
写真に写ってる人こそ、私の恩人、ライフガード!! Thanks a lot ♥
それにしても、本当に美しい砂浜だこと★

e0218625_22271339.jpg

上の写真を撮影したすぐ横はバー&カフェエリアになっており、心地のいい音楽も流れている。
私はフレッシュオレンジジュース。夫はピナコラーダでリラックス♪
このドリンクとブルーの海があまりにも絵になっていたので、思わず写真を^^
e0218625_2243534.jpg

上の写真と同じ場所で撮影。夜には心地いい〜風と波の音、そして、バーから流れる音楽とで、本当に気持ちいい〜★ ひたすらリラックス〜★ 

e0218625_22303537.jpg

いよいよ、島を離れる日の朝。サンライズで海がまた素敵★
e0218625_22283684.jpg

ジャグジーからの外の眺めがまた素敵★ (でも、もうここに入る余裕なし!)

この美しい海を最後に見納めて...
e0218625_22375248.jpg

大好きな夫と。

親切なホテルのスタッフともお別れし、わずか10分後には空港へ。
e0218625_22352968.jpg

小さいけど、なかなか綺麗に整備されてますよ。帰りの乗客は全部で18名。^^

e0218625_22364458.jpg

はい、朝10時(一日コレ一本だけ)、お迎えがやってきました〜。
シンガポールへ帰ります〜。


ありがとう、レダン島!
[PR]
by yellowdahlia | 2012-04-04 22:49 | トリップ

snorkeling-Redang Island

私、初めてのスノーケリング体験!!
前日にホテルで予約して翌日の朝9時半出発。
晴れてくれる事を願っていたけど、当日の朝は曇り。
波、大丈夫かな〜 と心配になるが、そのまま決行になりjettyまでいく。

e0218625_21274568.jpg

私たちが乗ったのはこんなボート。
乗組員は夫、私、そして運転手のお兄さん、計3名のみ。

e0218625_21285638.jpg

でもやっぱり曇りだったから、波は結構、激しくてボートはすごい揺れて、こわかったーーー!! 最初は、「きゃーー!」とか声も出てたけど、最後は声も出ない。ほんと、怖い。あまりにも長いことそういう状況が続いたので、戻ろうかと考えたけど、運転手のお兄ちゃんが、先に行くと穏やかになると思う、というので、そのまま続行することにした。

そうすると、少〜しずつ、青空も見えてきて波も落ち着いて来た。

そして、いよいよスノーケリングの場所へ到着。
あの息継ぎのホース?つきゴーグル?? も初めて装着。
インストラクターは うちの夫 ^^;のみ...。
何もかもが初めてですから、 わからないし、こわい〜><
しかも、まったく優しくないインストラクターなうえ、まったくインストラクターになっていない!
もう>< 役立たない人!!結局、自分でなんとかゴーグルをきちっと装着して、海におそるおそる足を入れる... そうすると 夫が私の手を握っていてくれたので、そのまま、チラッと水面下を覗いてみると....
e0218625_21344294.jpg

”わぁ〜!!!★★★””きれ〜★★★”

あららら、びっくり!!こんなに綺麗な世界が広がっているとは.!!
魚も想像していたより、全然、こわくなくて、かわいい〜♥ 噛み付かれないし^^

e0218625_21374126.jpg

すごいでしょ〜 綺麗な色のお魚ちゃんたちが こんなにたくさん!!
これはね〜 実際に見ると、感動します♪

e0218625_21384849.jpg

写真だけで見ると、ちょっぴり こわいかな。。。
でも、良く撮れたもんだ。この日のためにウォータープルーフカメラを夫が購入し、この写真もすべて彼の撮影。水面下もはやり波があるわけなので、撮影はなかなか思うようにいかないそうだけど、それでも良く撮れている★

e0218625_21314366.jpg

ぎゃははは、これ誰でしょう? 笑
e0218625_2242850.jpg


e0218625_2133306.jpg

いくつか、スノーケリングのスポットがあって、運転手のひとがいろいろ連れて行ってくれる。場所によって、お魚ももちろん種類が違う。亀のスポットもあるよ! 今回は1回だけ水面下で亀さんを発見!!かわいかった〜♥ 背中にお魚のっけて泳いでたよ。


e0218625_21321833.jpg

以上、スノーケリング体験でした♪


いつか、ダイビングまでできるといいけど(経験はあります!!)ただ、やっぱり、大人になって今の方が恐怖感が若いときより増してしまったので、これはスクールでも通って、きちんと訓練するしかなさそうですな。せっかく、シンガポールに住んでいるから、マリンスポーツを満喫していろんな島で遊んでみたいものです★
[PR]
by yellowdahlia | 2012-04-04 22:10 | トリップ

レダン島のビーチ★at The Taaras Resort 

では早速、ため息の出る美しい海を紹介★

e0218625_010865.jpg

どう??

白い砂浜、コバルトブルーの海、美しい青空。最高★

こんなに美しいビーチに来たのは本当に久しぶり!!!いや、初めてかもしれない!!
大興奮!!!

e0218625_0111187.jpg

でもね、この美しき海、甘くみてはいけませんのよ。
遠浅なので、ついつい沖に向かってどんどん行きたくなるのですが....危険はいつもすぐそこに。

夫の後を追っていたら、夫から「もう危ないから、来たらダメ!!!!」と忠告。
その時点で、確かに私は足がギリギリ砂に着いており、どうにか立っていられた。
で、そろそろ砂浜の方へ戻ろうと決め、体の向きを変えた瞬間、「あれ!!??足が!!つかない!!」 そうーー 既に、一瞬にして、波に足を取られたらしく、アップアップ状態に!!!
必死に泳いで戻ろうとするけど、全く前に進まない!!
夫が後ろに来てくれ、なんとか私を前方向に押し出そうとするが、これがまったく前に進まず...
でも、気づいてくれた、ライフガードの人がすぐに来てくれて誘導してくれたので、大事に至らず、無事に済んだのだった。 いやはや、まさかのアクシデント!! (実はこの危険に関しては、事前に友人から聞いていた。でも、やっぱり、その感覚というものは、実際にはわからないものなのだ。)

e0218625_0131667.jpg

この世に自然ほど美しいものはないと思うけど、自然ほど恐ろしいものも、ない。



夫に激怒されたが、その後、気をとりなおし、もう一度、海で楽しむ♥
e0218625_014329.jpg

よかった〜 無事で^^;  それにしても本当にSpaみたいな海!


e0218625_0215610.jpg

夜はこの海を横目にピナコラーダで乾杯!
[PR]
by yellowdahlia | 2012-04-04 00:46 | トリップ

週末旅行♪ レダン島ーRedang Island

さて、先日、夫の誕生日を終えたのではありますが、誕生日旅行ということにして、その週末はシンガポールから1時間15分ほどで着いてしまう、美しき”レダン島”へ行って参りました。

小さな島ではありますが、ホテルはいくつかあるようです。
今回、私たちが泊まったのは “The Taaras Beach&Spa Resort"です。
なかなかの設備で、サービスもよろしく、なんといってもここのビーチは、ここの宿泊者だけのもの。初めて訪れた者には、必ず、感動の場所となること間違いなしでしょう♪

シンガポールって、本当に便利なところだな、と益々、思う次第でございます。

e0218625_2031319.jpg

この小さな飛行機、バジェット-Baget にのって、島まで直行。
乗客は70名くらい乗れるかな。ただ、今はオフシーズンのようで、乗客、我々含めて13名^^!
フライトアテンダントはマレーの女性2名。2人で、携帯の写真撮り合っていた^^;;
(リラックスしていらっしゃいます。笑)

e0218625_2030359.jpg

少ない乗客のうち、3組ほどは同じホテル。
みんな家族連れで... うらやましい限り。(私情入ってる!!)


レダン島の飛行場は とても小さく、のどか。
お迎えの車が来ていたので、それに乗っていくこと、わずか10分弱。即、ホテルに到着。
その間、目にした光景は、本当にのどかな村(カンポン)。車が通る道には、ヤギ、牛、羊、など、
ふつ〜にいる〜!

ホテルは、その村の雰囲気からは考えられぬ、いきなりゴージャスなリゾートホテル。
とても良い雰囲気にデザインされており、スタッフもフレンドリー。でも、きちんとしていた。

私たちの部屋はオーシャンビュー。ほかに、ガーデンビューなどがある。
かなり広い部屋で、清潔、そしてシンプルにお洒落。インテリアの参考にもなりそう。
とにかく、窓からの眺めには ほんっとにため息。
e0218625_20309100.jpg

入ってすぐの部屋。
e0218625_20325358.jpg

横の部屋が寝室で、その奥にはバスルームとワードローブスペース。
かなり広々としている。
e0218625_20315068.jpg

ベッドのすぐ横にはバスルームとは別にジャグジーがあり、海を眺めながら楽しめる★
なんて贅沢〜★

e0218625_20333363.jpg

バルコニーへ出ると、美しいコバルトブルーの海が一望できる。

e0218625_20335199.jpg

まさに、この感じ。

あとは、天気を祈るだけ。
[PR]
by yellowdahlia | 2012-04-02 21:00 | トリップ