ZhenShiの徒然日記 from Singapore

zhenshi.exblog.jp
ブログトップ

セブ島旅行 at Abaca resort

先日は夫の誕生日。
プレゼントなど、何も欲しがらない夫。
そこで、今年は旅行に行く事にした。
夫の誕生日ではあるけど、結局、どこへ行きたいか私が決めることに。
日頃から、旅雑誌など見ていて、気になっていたのがセブの海。
インターネットにのっているセブの写真でも、あまりにも海がきれいだから、
どうしても一度行ってみたくて。それに、調べたら、ちょうど三月の終わりから4月は
乾季で雨が少ない、ということだったので決定!

今回お世話になったホテルは "Abaca"。
アメリカ人オーナーが経営するというこのホテルはモダンで機能的にできていた。
ブティックホテルなので、ホテルとしてはとても小さい。
なので、すごく静かでアットホームな空間を楽しむ事ができるのがここのホテルの良さだと思う。
e0218625_1823417.jpg

エントランスは、とくにロビーというのがなく、到着後すぐに部屋(VIlla)に案内される。
写真はエントランスの雰囲気だが、奥はすでにレストランになっている。

e0218625_1834162.jpg

南国ならではの木々、花々がたくさん。
e0218625_1831278.jpg


e0218625_186335.jpg

部屋の扉を開けて目に入ってくる雰囲気。広々としている。
e0218625_1871497.jpg

ホテルの名前でもある、Abacaとは多年草というものらしく、熱帯地方で広く栽培されているそう。
バナナに良く似ていて6〜7メートルくらいあるらしい。 このAbacaでいろいろなものが作られていて、この珈琲テーブルも、椅子も、それなんだそう。このホテルにはないけれど、街に出て、モールに行くと、Abacaでできた、とっても涼しげで洒落たランチョマットやテーブルランナー、その他のクラフトがたくさん売っている。

e0218625_1874155.jpg

e0218625_1881162.jpg


e0218625_1885793.jpg

さて、ホテルに到着し、お腹が空いたのでレストランにいってみた。
ここのレストランでぜひ、お勧めしたいのがピザ!
キッチンには大きな釜があって、薪をたいて調理しているようなので、パンなどもすごく
おいしい!私はピザ生地は薄めのカリッと派なので、私と同じ派タイプには気に入ってもらえるはず!
正直、レストランはフィリピンだしなぁ、、とあまり期待していなかったのだけど、(失礼)
びっくりした!どれも、これもすごくおいしかった。
Abacaのオーナーはセブに住んでいて、ほかにも何軒かレストランを経営している。
e0218625_1894694.jpg

ホテルから海を見下ろせる感じ。
e0218625_1843090.jpg

ビーチのすぐそばのホテルだけど、ビーチがあえてないのが、このホテルの特徴?
少し小さめのプールがあり、そこに入って海を見渡す感じ。
プールの両サイドには、のんびり休憩できる大きなソファ−ベッドが用意されており、
朝は希望すれば、ここで食事をとれる。夜にはこのソファベッドがなくなり、代わりに
ロマンティックなディナー空間へと早変わり。
e0218625_185099.jpg

焼けるの覚悟でならば、海の景色を前ゆっくりと。
海はかなり遠浅で、波はない。ホテルのプールの下には階段があり、そのまま海にもいける。
そこから、海で遊んでもいいが、海藻だらけ。カヌーやジェットスキーが気持ちいい。

e0218625_1852739.jpg

セブへ旅行なら、Abacaホテル、ぜひおすすめ!
何より、(これも意外だったんだけど)スタッフの気のきくサービスには感激。
ホテルのホスピタリティはとっても重要ポイントですものね。
清潔感もバッチリです!


ということで、Abacaの宣伝ブログになってしまいました。^^
[PR]
# by yellowdahlia | 2013-04-02 18:54 | トリップ

何十年ぶりに見れた花火大会

そうそう、昨年の夏には花火も見れたのだった。
これには感激した。

私の生まれ育った町は、福岡の田舎なんだけど、花火大会は大したもんなのだ。

幼い頃は、いつも、おじいちゃんを筆頭に花火が今にも落ちてきそうなすぐ真下の
川土手に御座を敷いて、夜店で買った、かき氷やら、焼きとうもろこしやら、
なんだのを持ち運び、ウチワを片手に 頭上ですごい音を立て鳴り響いている
花火を見上げて 家族皆で見る、というのが恒例な時代もあった。

でもいつの間にか、私たちも成長し、それぞれ忙しくなり、みんな揃って花火を見る
ことなんてできなくなってしまっていた。
一番寂しかったのは、おじいちゃんかな〜。
おじいちゃんは、私たちがいなくても、毎年、毎年、川土手のほぼ同じ場所に
一人座り、変わらずに花火を見上げていたのだろう。

今年は、花火大会の日に地元にいることができたので、おじいちゃんも一緒に
行こうと思った。

ところが、携帯電話を持っていないおじいちゃんと、大勢の人ごみの中で
無事に落ち合える事ができず、結局、各自に花火を見上げる事になった。

まぁ仕方ない。^^;


だけど、久々に、頭上で鳴り響く艶やかな花火を こんな風に見る事が
できたのは何年ぶりだったのだろう?! もしかしたら、何十年ぶり?
e0218625_1955167.jpg


正直、今回が今までの人生で一番感動して見ていたかもしれない。
写真は、残念ながら、ほぼ無惨な姿でしか撮れなかったけど、
私の脳裏に焼き付けて...


おじいちゃん、また一緒に見れるときが来るといいね♪
[PR]
# by yellowdahlia | 2013-01-28 20:11 | ライフ

おばあちゃんと夏の思いで

最近、写真の整理をしてるもんだから、あれやこれや懐かしくなる。
2012年も思い出がいっぱい★

去年は春から夏にかけて3ヶ月以上も日本に居た私。
おかげで、大好きなおばぁちゃんとも何度か一緒に過ごす事ができたな。


おばぁちゃんは、母の母。
今年で93歳になる!!!!
今は苑に入って面倒を見てもらっているけど、たま〜に、
こうして一緒に外泊ができる。

ある夏のお天気の良い日。
空は青くて、綺麗なヒマワリも咲いてたとき。
e0218625_19391783.jpg


おばあちゃんの大好きな卵掛けご飯を食べれる店があるもので、行ってみた。
e0218625_19411859.jpg

e0218625_19422873.jpg

新鮮な生みたての卵がいつも食べられるお店。
e0218625_1942082.jpg

ほらね〜♪ すごいでしょ〜★

新鮮だからとってもおいしい!
e0218625_19401890.jpg

おばあちゃんも大満足!

お変わりし放題なので、私も白ご飯2杯と卵2個、いただいて♥


すごくいい時間だったな〜^^
e0218625_19425311.jpg

こんな時間を少しでもたくさん作れるようにしたいと、いつも遠くシンガポール
より願っている私でした★
[PR]
# by yellowdahlia | 2013-01-28 19:52 | ライフ

心地よい風

e0218625_22333033.jpg
今シーズンは雨時期なのか、本当に、雨ばかり。
そのせいで、常夏のシンガポールでも、最近は少し肌寒いと感じるときもある。
でも、雨が上がった後に太陽が顔を出したときは、わりと心地よい風が、
ワサワサと音をたてて吹いてくれる。

そよそよ、ではない。 ワサワサだ。

今、このブログを書きながら、目の前に見える私の部屋からの景色は、
ココナッツツリーが何本もたっていて、その大きな葉がワサワサと
風に揺られている。
でも、もしかしたら、真下の子供用のプールにある大きなシャワー
の音と一緒になっているのかもしれないが、いずれにしても、
私にはとても心地よい音として聞こえている。

我が家は、この景色に面してバルコニーがあり、そこの窓を全開に開けたところで、
リビングルームとなっているので、窓を開けると、風通しがよく、
いつも心地よい風が入って来てくれる。

この家に住んでいて好きなところのひとつだ。

最近、寒い日本の冬から戻ったばかりだけど、私は、どうしても寒さが
苦手のようで、体がおかしくなってしまう。
私は断然、温かい気候を好むので、この国の気候は心地よく感じる。

確かに、暑すぎるときは、倒れそうになるし、湿度が高くてお顔がベタベタするのは
気持ち悪いけど、それでも寒いよりはずっといい。


なんだかね、こういうことからも、やっぱり私、縁があって
この国にいるのかしらね?

なんて、思ったり...。

いろいろ憤慨したくなることが、たっくさん起こるし、日々、何かと
ブツブツ文句言ってる私だけど、なんだかんだで、住むのには意外と、
心地よい国なのかもしれない。
[PR]
# by yellowdahlia | 2013-01-21 18:41 | ライフ

正月が2回!

私には正月気分が2回味わえる。

一回目は日本で。
(今までのところ、毎年、日本帰国して正月を私の家族と迎えている。)

2回目はシンガポールでの旧正月。
(だいたい2月になるから、おかげで日本の正月には帰国が許される)

これが私にとっては、なんだか とても得したような気分になっている。
だけど、どちらが一番、新年気分を味わっているかというと、
実は、シンガポールの方かもしれない。
日本ではちょっとした前夜祭気分で。(というと、失礼かな。^^;)
やっぱり、結婚してからは、夫の影響だと思う。
マイホームが持てた事で、新年に向けての大掃除や、飾り付けなど、
そういうことをすることで行事を感じていくからだろうか。

こんなことを考えていると、「なんだか私もすっかりこっち側の人間だな」
なんて思ったりするのだけど。

それはともかく、何より嬉しい事が、旧正月前になると必ず、
夫からの「新しい物を新調しろ」という指示で、服やら靴やらバッグやら。。。
いろいろと、買ってもらえる事♥
こちら流のデコレーションを家でやれ!という指示を受けても無視だけど、
こんな喜ばしい指示を無視するわけありません。

実は今日がそのお買い物の日。
なんだか年々、お買い物の内容が厚かましくなっている気もするけど^^;、
夫からお許しが出ている限りは、この際、厚かましくいっとこう!!
という勢いで、彼の気が変わる前に新調させていただきました!! 


ちょっとルンルン気分の私は、うれしさのあまり、ここに記したのでした。^^
[PR]
# by yellowdahlia | 2013-01-20 23:49 | ライフ